55歳、今更禁煙?無理な話です!


by tamakipapa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

3rd-225 優先順位


仕事で嫌なことがあっても今のスケジュールでは近所の花にレンズを向けることしかできません。
昨日もある会社、、、

現場の人間は約一ヶ月間、通常の仕事に加え残業、休日出勤をこなしてきました。それでも間に合わず外注を使うことになったわけです。指揮を執る人間は外注先を探し奔走、何とか人間は確保したようです。それでも間に合わず、激務をこなした現場の人間達を見てきました。

やっと仕事が落ち着いた昨日、現場をまとめる責任者、その上の管理職が外注先を労うという名目で飲みに行ったそうです。それはあってしかるべきものだと思います。私もかつては似たような事をしていました。

ただ、現場で激務をこなした人間達にねぎらいの言葉があっても良いと思います。その上で飲みに行くのは善い。自分の部下だから働いて当たり前?そんな考えがあるのでしょうか。私には理解できません。

管理職、責任者、どちらから言い出したか分かりません。管理職が言い出したのなら、もっと現場の動きを見ていてもらいたい。責任者も 『部下達にねぎらいの言葉を掛けて欲しい』 と切り出すべきではないでしょうか。
それさえ気づかない責任者かもしれないので、管理職に 『外注先を飲みに連れて行きましょう』 と管理職に言いだしたかも知れません。

もしかしたら私の考えが甘いのかも知れません。でも現場の人間に話を聞くと苛立ちはあるようです。外っ面は善くても無能な管理職、上司、、、下で働く人間達はたまらないでしょう。

他人の会社、私がとやかく言う筋合いではありませんが、付き合いはこれからも続くと思います。そんな人間と仕事をしていくのが不安になりました。

と言う愚痴で今回も画像はありません。
[PR]
by tamakipapa | 2014-09-13 08:46 | 怒り