55歳、今更禁煙?無理な話です!


by tamakipapa
カレンダー

<   2014年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

3rd-181 喧嘩


昨日もかなり蒸し暑く感じられましたが、今日はその上をいく蒸し暑さです。首筋のべたべた感がたまりません。こんな日の午後は冷房の効いた部屋でゆっくりしていたいところです。
午前中一人の時間が持てたので、近所のコミュニティへ出かけました。何を撮ろうという目的もなくブラブラ。路上で足が止まりました。変な形の石が転がっているなぁ~?
近づいてみるとカナヘビ(?)が二匹絡んでいました。よく見ると咬み合っているような、、、喧嘩でもしているような。ぐるぐる回りながら体位を変え優劣がハッキリしてきました。
f0212217_11541550.jpg


勝者と敗者
[PR]
by tamakipapa | 2014-07-31 12:03 | 見っけ

3rd-180 本年最後の蓮


朝、娘を小学校へ送り届けると午前中時間が取れたのでその足で蓮に会いに出かけました。かなり身長も伸びていたのには驚きです。あまり株数の多くないこの場所は、そろそろ終わりが近づいているのかもしれません。濃いピンクの花は見ることができませんでしたが、恥じらいを持ったように先っぽを赤く染めた花が綺麗な姿で出迎えてくれました。なんとか上手く撮れたらと、あれこれ工夫しながら撮った中の一枚で今夏の蓮は最後になります、たぶん。。。
f0212217_003440.jpg

昨日は土用の丑の日、食品売り場には鰻の蒲焼きがこの日を待っていたかのように並んでいました。国産鰻の価格は、、、私には手が出ません。かと言って輸入物は別の意味で手が出ません。まだまだスタミナを要する暑い日が続きます。安価なスタミナ料理でも食べて夏を乗り切ろうと思います。で、昨夜は餃子が食卓に並んだ我が家です。起きたら早朝から深夜まで仕事漬です。
[PR]
by tamakipapa | 2014-07-30 00:08 | 華写(カシャ)

3rd-179 箱根の翅


あまり蝶をはじめとする生き物は撮らない (撮れないw) のですが、一番風呂のあと宿の周りを散歩している時に出会いました。
植え込みにじっとしていて動かないので撮るのは楽かと思いましたが、植え込みに入って行かなければならず後方からの一枚となってしまいました。
東京では見かけない姿だったので義父を連れ出すと、朝露で羽が濡れて動けない?と言うことでした。そのようなことも知らない私は当然この昆虫の名前も分かりません。
昨年は宿の人にクワガタを頂きましたが、この虫は持って帰るわけにはいきませんでしたw。
f0212217_17314057.jpg

[PR]
by tamakipapa | 2014-07-29 17:31 | 見っけ

3rd-178 箱根の花


昨年も感じたことですが、この時期に紫陽花が綺麗に咲いています。東京では既に色も褪せていますが、箱根では彩り鮮やかです。そこにヤマユリも咲いていて東京では見られない風景です。
f0212217_802536.jpg

[PR]
by tamakipapa | 2014-07-28 08:01 | 華写(カシャ)

3rd-177 登って下って


箱根二日目、二度寝をして次に目覚めたのは4時前でした。たばこを吸ったり、水分を補給したりで30分経つと東の空が明るくなり始めました。山の頂から太陽が顔を出し、談話室に朝陽が差し込んできたのが5時30分頃です。
f0212217_93889.jpg

入浴は6時からと言うことですが、昨年も泊まった宿です、知っていました10分前には入れることを!w。2年続けての一番風呂です。気持ち良かった~!朝食までの間、宿の庭をカメラ持参で散歩。陽差しは強く一日の暑さを予感させました。
昨年とは逆のルートを選択し、娘が楽しみにしていた黒たまごを求め、バスで桃源台、そこからロープウェイに乗り込みました。振り返ると富士山がうっすら姿を見せてくれます。
f0212217_1001449.jpg

大涌谷には昨年工事中だった【くろたまご館】が建ち、そこで娘は友だちにお土産を購入。昼食を摂りあとはのんびり下るだけ。ケーブルカーで強羅、箱根登山電車で箱根湯本。
f0212217_1004981.jpg

昨夜興奮していたのか遅くに眠り今朝6時起きした娘はここで睡魔に襲われたようです。旧型車輌で冷房がない車中、嫁の足を枕にして眠りに落ちました。嫁のズボンは汗染み。ロマンスカーに乗り込む前に冷たい飲み物とたばこで充電完了。
昨年のリベンジを果たせた箱根旅行。来年はどこへ行こうかなぁ~?でもその楽しみがあるから一年間仕事を頑張れます。
[PR]
by tamakipapa | 2014-07-27 10:06 | イベント

3rd-176 再び箱根


昨年二日目に朝から雨に見舞われたので、リベンジを果たすべく再度箱根を目指しました。とは言いながら実は第一希望の伊東が取れなかったので、何処へ行こうか考えた挙げ句、今回は私の意見を取り入れてもらったわけです。
f0212217_21241699.jpg

昨年より1本遅いロマンスカーを予約。これで娘は赤、白、青の3色全てに乗った事になります。狙ったわけではなく、出発日が25日、銀行周りをしなくてはいけなかったので、この時間になったわけです。
f0212217_21285080.jpg

一年に一回、足の伸せる風呂が良い~!温泉なのでどこでも足を延ばして入浴できるのですが、昨年と同じ宿を手配しました。この宿、時間、空気の流れがとても気持ち良く感じられます。部屋数はそれ程多くない2階建て(地下1階)ですが、昨年宿泊して私は虜になってしまいました。
f0212217_21354265.jpg

今回途中までお祖父ちゃんお祖母ちゃんと一緒でしたが、私たち親子三人は箱根登山鉄道小涌谷で途中下車、箱根小涌園ユネッサンを初日の目的地に選びました。2時間強、娘は泳ぎ、滑り、珈琲風呂や五右衛門風呂などを楽しんだようです。
何とか18時前に宿に入ることができたので夕食前に一風呂浴びることができました。私は夕食を食べ終わるとそのまま眠りに就いたようです。目が覚めたのは日付が変わって0時55分でした。前日の仕事疲れが残っていたのでしょうか?二日目の予定が残っているので頭痛覚悟の二度寝を試みました。
[PR]
by tamakipapa | 2014-07-26 21:46 | イベント

3rd-175 目的地


深夜の帰宅、4時間睡眠、、、体調は万全ではないけれど何とか一泊二日の旅行ができるようになりました。そう、今日から年に一度の家族旅行です。この日のために痛む足を庇いながら引きずり仕事をしてきました。その分思い切り楽しんで来たいです。但し、万が一のために痛み止めは持参ですw。
今年は海にしようか山にしようか、、、昨夕のような雷雨にならないよう祈るばかりです。まっ、どちらにしろ西へ向かうわけです。蓮の花弁も西を示していますw。思えば家族旅行を始めて以来、東京から北へ向かったことは一度もありません。来年は北も候補に挙げてみようかなぁ~
f0212217_7213613.jpg

[PR]
by tamakipapa | 2014-07-25 07:22 | 華写(カシャ)

3rd-174 涼を求めて


大暑の昨日より暑かった~!日中から仕事でなくてホントにラッキー、、、今日はこれから仕事で深夜帰りです。と言っても今、外では雷鳴が轟いています。一雨降る前に出かけなくては!
日中日用品を買いに出かけました。公園では人工の滝が涼しさを与えてくれました。暫くたばこを吹かし、その場で涼んでいましたが、慣れてくるとやはり暑さがこみ上げてきます。早々家に帰りエアコンの力を借りることにw。
f0212217_18401078.jpg

[PR]
by tamakipapa | 2014-07-24 18:40 | 風景

3rd-173 世界の中心


今日は大暑、東京も33℃の予報が出ています。夏本番、娘もプールは気持ち良いでしょう。私は汗だく必死、体力の消耗も激しい一日となるでしょう。
花もこの暑さで萎れてしまうんではないでしょうか?昨日近所に咲く桔梗を撮りました。ファインダーを覗いていると面白い絵が飛び込んで来ました。マクロレンズを使うとこんなものまで見ることができるんですね。三脚無し手持ちで良く撮れたもんです。
f0212217_81055.jpg

[PR]
by tamakipapa | 2014-07-23 08:09 | 華写(カシャ)

3rd-172 お弁当のおかず


今日は夏旅行前の大事な休みでした。足に負担をかけず過ごしたかったのですが、、、娘が小学校で宿題をし、そのまま水泳教室もしてくる予定でした。が、私が台所掃除をしているうちに 『行ってきま~す』 と言って玄関を出て行きました。見ると居間にプールバッグが置き去りにされているではありませんか!足を庇い駆け足で後を追いましたが、結局小学校まで走るハメになり、汗だくでした。
汗を流すついでに風呂掃除まで手を出したので、自分の時間がなくなりました。娘が帰宅して暫く休んだ後、二人で夕飯の買い物に出かけました。
張り切って作ったので量も半端なく、余るのが分かりました。残りは明日の私のお弁当になります。この時期になるとお弁当には気を遣います。冷えたら即冷蔵庫に入れて、、、後は白米を一合予約炊きすればOKです。
f0212217_231821100.jpg

[PR]
by tamakipapa | 2014-07-22 23:20 | 料理